gen54
gentenugui
genoshibana
 
 

 
 
 
元1964 とは?
 
お取引先様はこちら
 
会社案内
 
 Gen1964のお問い合わせは
 
法人のお客様お問い合わせ
 
 
 
 
メガネが出来上がるまで
アクセのレシピ
メガネの生地で作るコモノ
TOPメガネフレーム > 元46-C4(ライトブラウン)
商品詳細 
クラシック眼鏡フレームgen手ぬぐい青海波 クラシック眼鏡フレームgen手ぬぐい青海波 クラシック眼鏡フレームgen手ぬぐい青海波 クラシック眼鏡フレームgen手ぬぐい青海波
クラシック眼鏡フレームgen手ぬぐい青海波      
元46 ライトブラウン 元46 イエロー 元46 レッド 元46 バッファロー
 
SOLD OUT
 

 
 商品説明
 

               

       きっかけは「一目惚れ」でした。


ヴィンテージの眼鏡好きの小売店様との商談中、店頭にて迫力あるイエローのフレームを発見!
「この挑戦的なフレーム。カッコよく作りあげてみたい!」と思った事がきっかけとなります。

 話を伺うと、1960年代製、本鼈甲で作られた眼鏡との事 (黄鼈甲で希少な部位)、 高度成長の時代に作られた物らしい きれいで品格のある、贅沢なメガネフレームでした。
この時代の国産フレームはとても華やかで、惚れ惚れするフレームが多いのですが、 その中でもズバ抜けた輝きがあったのでした。

多少のデザインの修正を加えましたがほぼそのままの雰囲気に、 店主さんのフレームに対する思い、時代背景などを基に「元」らしい誠実なモノ作りの手法を混ぜる事により、
新しいタイプのヴィンテージテイストのフレームを作る事となるのでした。 



 

完成までのこだわり...

 私たちがこだわった点は3つ

「日本人に合うウェリントンであること」、「バランス」、
 そして「掛け心地」です。

 フロントの上下幅は深く、眉のラインも優しく。
フレームと鼻筋の間の「隙間」が気になる為、何度もサンプルを作り修正を重ねながら、きれいな鼻ラインを作り上げていきました。

 肉厚で大型のフレームは重みもあり圧迫感のある掛け心地に感じられるものですが、この「顔のあたり」をよくするために
前枠とテンプルの重さの比重も考え、
ミリ単位の厚み落としなど、大変
長い時間をかけ丁寧に細部まで作り上げていきました。

 デザインだけではない「長くお使いいただけるフレーム」。

この考えが込められたこだわりフレームです

元46 元46 元46 元46
>ページの先頭へ戻る
>TOPへ戻る
 
 
お支払い方法はこちら 配送について ご注文について